ビタミンCの主な美白効果と副作用

ビタミンCは美肌のビタミンとして知られますが、
実は美白にも嬉しい働きがあります。

ビタミンCがメラニンの生成を抑制してくれるので、
シミが徐々に薄くなったり、美白効果が期待できるのです。

またビタミンCは、肌細胞の栄養源となるコラーゲンの生成を促す働も。
コラーゲンが豊富で潤っている肌はターンオーバーが活発で、
メラニンが沈着しにくくなるため、シミの予防にもつながります。

しかしビタミンCは水溶性のビタミンなので、
食物から摂っても一定量しか体に吸収されず、残りは排出されてしまう特徴があります。
そのため食物からだけでは、肌に充分なビタミンCを届けることが出来ません。

だからと言って、ビタミンCが豊富なレモンなどを直接肌につけるのはNGです。
そのままのビタミンCは肌に浸透しにくい上に、酸化しやすいため、
返って日焼けを招いて、肌トラブルの原因になってしまうからです。

現在では、ビタミンCを配合した化粧品もたくさん販売されているので、
こうした化粧品を利用して、ビタミンCを安全に効率よく肌に届けるようにしましょう。

■化粧品に使われるビタミンCの種類と特徴

化粧品に使われているビタミンCには、
「ビタミンC誘導体」と「ピュアビタミン」の2種類があります。

上にも説明したように、ビタミンCは水溶性のビタミンのため、
肌に直接つけても浸透しにくいという特徴があります。
そのためビタミンCを肌に効果的に届けるために開発されたのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを化学的に変化させて肌に浸透しやすくした成分で、
肌に入るとビタミンCに変換されて活躍します。
このビタミンC誘導体のおかげで、
化粧品などに用いても酸化しにくく、ビタミンCを安定して肌に浸透させることができるようになりました。

一方、ピュアビタミンCとは、名前の通りビタミンCそのものを指します。
ビタミンC自体は不安定な成分なので、直接肌につけても本来の効果が発揮されにくいのですが、
ビタミン濃度の点では、ビタミンC誘導体よりも高濃度です。

■化粧品を選ぶときの注意点

化粧品に配合されているビタミンCは、ビタミンC誘導体とピュアビタミンCが主ですが、
できれば効果の高いピュアビタミンC配合の化粧品を使いところです。

ただピュアビタミンCの成分の特徴から、
これまでは化粧品に配合しても、早く酸化してしまったり、
浸透率が悪いなど、効果を実感できないものが少なくありませんでした。

しかし最近では、ナノテクノロジーなどの研究によって、
ピュアビタミンCの肌への浸透率を高めている化粧品も登場しています。
ビタミンC誘導体よりも、より早く効果を実感できるとして、注目されています。

こうした技術によって、
現在では高濃度のピュアビタミンCを肌に直接届けることができるようになりました。

ビタミンC配合の化粧品を選ぶ際には、、
配合されているビタミンCの種類や浸透性にもこだわって選ぶことをおすすめします。

ページの先頭へ戻る