ルシノールの主な美白効果と副作用

ルシノールは化粧品ブランドのPLOAが開発した美白成分で、
メラニンの生成を抑制して、シミ対策にも効果を発揮します。

ルシノールの元になっているのは、シベリアのもみの木に含まれる成分で、
これを改良して用いられるようになりました。

ルシノールの働きは、メラニンを黒色化させるチロシナーゼの働きを抑制することです。
メラニンの元になるチロシンという成分がありますが、
チロシンとチロシナーゼが合体することで、メラニンが黒色化します。

ルシノールはチロシナーゼと素早く結合するため、
チロシナーゼがチロシンと合体してメラニンが黒くなることを防いでくれます。
この働きが美白効果をもたらしてくれるわけです。

同じような効果がある成分に、アルブチンやコウジ酸がありますが、
ルシノールは肌によく浸透するので、効果を実感しやすい点がメリットです。

■ルシノールとハイドロキノン

ルシノールと分子構造が似ていて、
同様の働きをするとされているのが、ハイドロキノンです。

ハイドロキノンもその漂白効果の高さで注目されており、
化粧品に含まれる成分としては、現在もっとも美白効果が高いとされています。

ハイドロキノンもルシノールと同じく、チロシナーゼの働きを抑制して、
シミを防ぐ効果に優れていますが、ルシノールよりも漂白作用が高いことが特徴です。

ルシノールはシミの予防には役立ちますが、
できてしまったシミを除去するのは難しくなります。
ただし一旦シミが出来てしまうと、その周辺にメラニンの生成が過剰になりやすいので、
ルシノールを塗ることで、シミがそれ以上濃くなることを防いでくれます。

■ルシノールの副作用と注意点

ルシノールは天然の植物を改良した美白成分なので、
低刺激で副作用が少ないことが魅力です。

上に説明したハイドロキノンは、漂白効果が高い一方で、
刺激が強く、敏感肌の人は赤みが出ることもあります。

その点ではルシノールの方が安心して使うことが出来ると言えるでしょう。

ただし既にできてしまったシミを消すことは難しいので、
もしシミがすでに濃くなってしまっている場合には、
あまり効果は期待できないでしょう。

また高価な成分のため、化粧品への配合濃度が少なく、価格もやや高めです。

シミを薄くしたり除去するためには、継続してケアをする必要があるので、
シミの状態や目的に応じて、自分にあった化粧品を選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ戻る