ハイドロキノンの主な美白効果と副作用

ハイドロキノンとは、現在メラニンを薄くする効果がもっとも高いとされている成分です。
もともと皮膚科などでは、シミの除去治療に用いられてきました。

現在では、家庭用の化粧品にも配合されるようになり、
自宅でも手軽にシミケアができるとして注目されています。

ハイドロキノンはメラニンを黒色化するチロシナーゼの働きを抑制する働きがあり、
結果としてシミを薄くすることができます。
チロシナーゼの働きによって、メラニンを生み出すメラノサイトの数が減少して、
シミができにくくなるのです。

シミができると、そのシミがどんどん濃くなってしまった経験はありませんか。
これはシミの原因となるメラニンが、シミの周りで集中的に生成されしまうためです。
そのためシミがなかなか薄くならないのです。

ハイドロキノンをシミにつけることで、シミの周辺のメラノサイトの数が少なくなるので、
メラニンの生成が抑えられてシミが薄くなります。

ただし肌のターンオーバーが遅い場合は、シミがなかなか改善しない場合も。
シミを早く改善するためには、ターンオーバーを促進させることも大切です。

■ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは高濃度のものをつけすぎると、
美白効果の高さから、つけた部分が白く色が抜けたようになってしまうことがあります。
またアレルギーやかぶれなどの副作用の報告もあるので、
つけ方には注意が必要です。

とくに、皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が高いので、
自己判断でつけすぎると、このような副作用の症状が起こることがあります。
医師の指示に従って、しっかり用法と用量を守ってつけるようにしましょう。

また、ハイドロキノンをつけた部分はメラニンが生成されずに、
紫外線の刺激が肌に入りやすくなっているので、
必ず日焼け止めを塗ることも大事です。

一方、市販の化粧品に含まれるハイドロキノンは濃度が薄いため、
副作用の心配はほとんどありません。
とは言え、たくさんつけたからといって、効果が早くなることはないので、
適量を継続してつけることが大事です。

■ハイドロキノン入りの化粧品を選ぶ際の注意点

ハイドロキノン入りの化粧品を選ぶ際には、
肌への浸透性が高いものを選ぶようにしましょう。
せっかくの成分も肌に浸透しなくては意味がありません。

また濃度が低すぎると、効果を実感しにくいので、
ハイドロキノンの成分濃度についても確認した上で選びましょう。
価格の安いものは、ハイドロキノンの配合率が低い可能性もあるので注意が必要です。

さらに上にも説明したように、肌のターンオーバーを促進させることで、
ハイドロキノンの働きも効果を発揮しやすくなります。
シミを早く改善したい場合は、ビタミンCなども取り入れて、
肌のターンオーバーを整えると良いでしょう。

さらに日焼け止めと併用して、肌を総合的に健康に保つように心がけましょう。

ページの先頭へ戻る