シミで多いのは肝斑?それとも別のシミ?

肝班のシミの治療に、トラネキサム酸配合の薬が効くとして、
テレビコマーシャルなどで宣伝されているので、
肝班によるシミが多いと思われるかもしれませんが、
実際には、紫外線の影響による老人性色素班の人の方が多いです。

肝班のシミはある特定の年齢に出来る症状で、
シミの症状全体からみれば、それほど多くはありません。

一方、紫外線による老人性色素班は、
歳をとるほど、紫外線を浴びるほど、影響がでてくるものなので、
誰にでもできる可能性があります。

つまり紫外線の方が、シミに与える影響が大きいのです。
日ごろの紫外線対策で、シミのでき方も変わってくるので、
日焼け止めなどで肌を守ることが大切です。

■肝班のシミの特徴

肝班のシミは、左右の頬骨の上や目じりの下付近に、
ぼやけた感じでできることが特徴です。

30〜40代の女性に多く見られる症状で、
さらに妊娠中やピルを服用している人に肝班のシミができやすいことから、
女性ホルモンが影響しているといわれています。

その証拠に、60代以降ではシミが目立たなくなり、
消えてしまう人もいます。

肝班のシミ治療に有効なのが、トラネキサム酸配合の内服薬です。
皮膚科で処方される薬にもトラネキサム酸が配合されていて、
2ヶ月程度の服用でシミが薄くなってきます。

また肝班のシミは、紫外線の影響も受けているため、
ハイドロキノンなどの塗り薬をあわせて使うと、改善がより早くなります。

■老人性色素班の特徴

老人性色素班の特徴は、紫外線を多く受けた箇所に、
境目のはっきりしたシミができることです。
紫外線を浴びる量が多いほど、シミが濃くはっきりとできます。
そのため歳を重ねるほどに、シミが大きく濃くなっていく傾向があります。

人によっては、シミが盛り上がってイボのようになることもあり、
見た目も悪く、シミがあるだけで一気に老けた印象になります。

このように老人性色素班は、男女に関係なくできるシミなので、
紫外線対策をしているかどうかが、大きなポイントになります。
夏に限らず、日焼け止めや帽子をかぶって、紫外線が直接当たらないようにすることで、
10年後の肌の見た目が大きく変わります。

老人性色素班を改善するためには、
ハイドロキノン配合の化粧品がおすすめです。
現在、シミを消す力がもっとも高いとされる成分で、
もともと皮膚科のシミ治療にも使われてきました。
最近では、低濃度のハイドロノンであれば化粧品にも配合できるようになったので、
家庭でも手軽にシミケアができるようになりました。

ハイドロキノンの優れた点は、できたシミを改善することです。
シミを予防するタイプの美白成分とは異なり、
できたシミの改善にも効果があるとして注目されています。

とは言え、シミが濃くなってからでは改善が難しくなるので、
シミが薄いうちにしっかりとケアをして治すようにしましょう。

ページの先頭へ戻る