正しい洗顔・クレンジングのやり方は?

洗顔やクレンジングはスキンケアの基本中の基本。
しかし適当な洗顔やクレンジングをくり返して、肌にダメージを与えている人が少なくありません。
正しい洗顔やクレンジングで、肌をいつも清潔に保つことで、シミができにくくなります。

洗顔やクレンジングで気をつけることは、
とにかく顔をこすらないことと、できるだけ早く洗い上げることです。

肌をこすると、その刺激が肌にダメージを与えて乾燥肌などの原因になります。
またあまり長く顔を洗っていると、必要な皮脂まで落としてしまうため、
こちらも乾燥肌を招くことに。

乾燥肌は肌のターンオーバーを遅らせるため、古い角質が剥がれにくくなり、
メラニン色素も肌に残りやすくなります。
そのため肌の乾燥が進むと、シミが増えやすくなるのです。

たかが洗顔といい加減な洗い方をしていると、肌に汚れを残すだけでなく、
シミの原因にもなってしまうので、毎日の丁寧なケアがとても大切です。

■クレンジングケアとクレンジング剤選びについて

メイクをしている人は、クレンジングと洗顔のダブル洗顔をしていることが多いと思います。
最近では、肌との密着性を高める高機能のメイク用品もたくさん登場しているので、
肌をメイクフリーにするために、クレンジングの役割も大きくなっています。

ただし強く洗ったからといって、メイクが落ちやすくなるわけではありません。
メイクを落とすために、強い力は必要ありません。
肌をこすることで、返って肌にダメージを与えてしまう結果に。

メイクを落とす際には、メイクにクレンジングを馴染ませるようにマッサージして、
軽く洗い流すようにしましょう。

洗い流す際には、ぬるま湯で軽くすすぐ程度でOKです。
その後の洗顔でも肌を洗うので、多少メイクが残っていても、
神経質になる必要はありません。

逆にクレンジングで洗いすぎて、肌の乾燥を招く方が問題です。

また洗浄力の強いクレンジング剤は、敏感肌の人には刺激が強く、
シミの原因になることもあるので、低刺激のクレンジング剤を選ぶことをおすすめします。

■洗顔料選びについて

洗顔料を選ぶときは、クレンジング剤と同じく洗浄力が高すぎるものはNGです。
肌に必要な皮脂まで奪って、肌が乾燥する原因にもなります。

とは言え、肌の汚れはすっきり落としたいところです。
そこでおすすめなのが、クレイタイプの洗顔料です。

クレイとは泥のことですが、できるだけ細かい泥の粒子で作られているものを選びましょう。
もともとクレイには汚れを吸着して、取り除く働きがありますが、
粒子が細かいほど、肌の隅々まで汚れを落とすことができます。

クレイタイプの洗顔料は、界面活性剤を使っていないので、
低刺激で肌のバリア機能を壊すこともありません。
また必要な皮脂はそのまま残してくれるので、
乾燥肌対策としても使うことができます。

肌が清潔に潤っていることで、肌のターンオーバーが整いやすくなり、
シミもできにくくなります。

たかが洗顔とあなどらずに、洗顔料選びから慎重に行いましょう。

ページの先頭へ戻る