40代でもシミを薄くすることはできる?

40代になると、シミの悩みを持つ女性がぐっと増えます。
30代までに受けた紫外線のダメージが加齢とともに、肌に現れてしまうからです。
つまり40代以前に受けた紫外線の量が、シミのでき方を大きく左右するというわけです。

それでは、もう取り返しかがつかないからと、
シミができてしまっても、ケアを諦めている人も多いのではないでしょうか。
シミの濃さや大きさにもよりますが、
40代以降でもシミを改善することはできます。

即効性があるからと、レーザー治療などを好む人もいると思いますが、
美白化粧品をつかって自宅でケアをするだけでもOKです。
レーザー治療は、確かに即効性はありますが、
費用が高額な上に、通院の手間がかかったり、
治療後のアフターケアも充分注意する必要があります。

その点、美白化粧品なら毎日のお手入れに使うだけなので、続けやすいこともメリット。
実はたまにするスペシャルケアよりも、
毎日続けて行う美白ケアの方が、長い目でみると美白効果があるのです。

40代以降では、シミが濃く沈着してしまっているケースもありますが、
まずは手軽にできる美白化粧品でのケアから始めてみてはどうでしょうか。

■40代のシミケアのポイント

40代のシミケアでポイントになるのが「保湿」です。
加齢とともに肌のターンオーバーが遅くなると、
古い角質が肌の表面に残り、肌がガサガサとします。
角質層が乱れると、角質同士のすき間から水分が蒸発してしまうので、
肌が乾燥して余計にガサつくのです。

シミの原因になるメラニンは、角質と同じように、
通常は肌の表面に押し上げられて剥がれますが、
肌が乾燥してターンオーバーが遅れると、
メラニンが肌に残って、シミになりやすくなります。

とくに40代以降は肌の乾燥が進み、シミができやすいので、
肌を保湿することがこれまで以上に大切になります。

美白化粧品の中には、化粧水や美容液など保湿効果の高いものもあるので、
これらを利用してお手入れすると良いでしょう。
肌のターンオーバーが整うと、肌が潤ってシミも改善しやすくなります。

■美白効果ならハイドロキノン

美白化粧品を選ぶ際には、ハイドロキノン配合の化粧品がおすすめです。
ハイドロキノンは現在、化粧品に含まれる美白成分の中では、
もっとも美白効果が高く、できしまったシミの改善にも役立つとして注目されています。

もともとは皮膚科でも処方されていた成分で、その効果の高さは折り紙つき。
あまりに効果が高いので、高濃度のものは肌が白く色が抜けてしまうことがあるほどです。
そのため化粧品には、低濃度のハイドロキノンを配合して、
安全に使うことができるように開発されています。

美容液などに配合されているものが多いので、
保湿効果もあり、40代の美白ケアにはとても適しています。

レーザー治療などを試す前に、まずはハイドロキノンでお手入れしてみましょう。
2ヶ月ほど使い続けると、徐々に効果が現れてきます。

またハイドロキノンとあわせて、ビタミンC配合の化粧品を使うのもおすすめです。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制する効果に加えて、
コラーゲン生成を促す働きがあるので、肌の潤いを取り戻すのにも役立ちます。

こうした美白効果のある成分にもこだわって、化粧品を選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ戻る