食生活の乱れがシミにつながるので注意

食生活が乱れていたり、偏った食の好みがある人は、
シミができやすいので注意が必要です。

食事は体の健康はもちろん、肌の健康を保つ重要な要素です。
肌細胞が活発に生成されるためにも、バランスのよい食事が大切です。

食生活が偏っていては、肌に必要な栄養素が届かず、
肌のターンオーバーが遅れやすくなります。
ターンオーバーが遅れると、古い角質やメラニン色素が肌に残り、
うまく排泄できなくなるので、シミができやすくなってしまいます。

とくにビタミンやタンパク質が不足すると、
肌の張りがなくなったり、肌がくすむなどトラブルが起こりやすくなります。
ビタミンはシミ対策にも有効なので、積極的に摂るように心がけましょう。

■アルコールは摂りすぎるとシミの原因に

アルコールは体内に活性酸素を発生させるため、
飲みすぎるとシミの原因になることがあります。

活性酸素とは体内に摂り込まれた酸素の一部が変化したもので、
体を細菌などから守る働きがある一方で、
増えすぎると健康な細胞まで攻撃して、様ざまな肌トラブルの原因になります。

適度なアルコールはストレス発散にも役立つので問題ありませんが、
飲みすぎると体内で活性酸素を増やす原因に。

活性酸素が増えると、メラニンが過剰に生成されたり、
できてしまったメラニンや古い角質の排出がスムーズにできなくなり、
シミができやすくなります。

アルコールだけでなく刺激の強い食事は、
活性酸素を発生させやすいので、こちらも摂りすぎには注意しましょう。

■ビタミン補給で美肌を目指しましょう

ビタミンは美肌の栄養素として有名ですが、
一人暮らしの人は、食事からだけでは充分なビタミンを摂れない場合も多いでしょう。

そのような場合は、サプリメントを活用してビタミンを補給するのがおすすめです。
美白に効果のあるビタミンとしては、ビタミンCが有名です。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きに加えて、
コラーゲンの生成を助けてターンオーバーを促進させる働きもあります。
ただし一度に多量に摂取しても、余分な分は排出されてしまうので、
毎日適量を継続して摂ることが必要です。

こうしたサプリメントに加えて、ビタミンC配合の化粧品もおすすめです。
化粧水や美容液などを肌につけることで、シミに直接ビタミンCを届けることができます。

化粧品を選ぶときは浸透力や濃度にもこだわることが大切です。
せっかくビタミンCを含んでいても、濃度が低ければ効果も感じにくいからです。
できるだけ高濃度のビタミンCを含む化粧品を使うようにしましょう。

このように体の内側と外側から両方アプローチすることで、
肌に効率よく栄養を届けることが、シミを早く改善するポイントとも言えるでしょう。

ページの先頭へ戻る