活性酸素が原因でシミができやすくなる

活性酸素は、細菌などの外敵を攻撃して、体を守る大切は役割を持ちますが、
その一方で増えすぎると、細胞を破壊して体や肌の様ざまなトラブルの原因になる、
厄介者でもあります。

呼吸する際に取り込まれた酸素が、
体内で変化して活性酸素になると言われますが、
この量は誰でも一定というわけではありません。

活性酸素が増える原因には、紫外線やアルコール、タバコ、ストレスなどが関係していて、
これらの負荷が多い人ほど、活性酸素がたくさん生成されやすくなります。
その結果、肌細胞やコラーゲンなどが破壊されて、肌トラブルが起こりやすくなるのです。

また活性酸素は健康な細胞を破壊して、炎症を悪化させる原因にもなります。
ニキビが炎症を起こしたり、怪我などで傷がある場合に、
紫外線やタバコ、ストレスなどの負荷が加わると、
炎症が悪化して傷が拡大したり、化膿することもあるので注意しましょう。

■活性酸素がシミの原因になるワケ

活性酸素がシミの直接の原因になるわけではありませんが、
活性酸素は増えすぎると、体に様ざまな悪影響を及ぼします。
肌はその影響をもっとも受けやすい部分です。

増えすぎた活性酸素によって肌のコラーゲンが破壊されると、
肌のターンオーバーが遅くなります。
そのため肌が正常に生まれ変わることが出来ずに、表皮に古い角質が残ったり、
メラニン色素の排泄が滞って、シミができやすくなるのです。
活性酸素は細胞を破壊して、ニキビなどの炎症も促進させるので、
ニキビ跡がシミとなって色素沈着してしまう場合も。

また活性酸素が細胞を攻撃した時に、
メラニンを生成するメラノサイトの働きを狂わせる可能性もあり、
このためにメラニンが過剰に生成されて、シミの原因になるとも言われています。

■活性酸素をコントロールするために必要なこと

上に説明したように、活性酸素が増える原因は生活習慣が大きく関係しています。
日ごろの生活習慣を見直して、活性酸素が増える原因はないか、振り返ってみましょう。

紫外線対策や禁煙はすぐにでも取り組みたいところ。
とくにタバコは百害あって一理なしとも言います。
血行を悪くして、シミの元になることはもちろん、
健康にも悪影響を及ぼします。

一方、アルコールは適度な量であればストレス解消にもつながって、
血行もよくなるので、禁酒までする必要はないでしょう。
飲みすぎて胃腸に負担がかかると、肌に悪影響がでるので、
摂取量をコントロールすることが大切です。

またストレスは原因によっては、完全に無くすことが難し場合もあります。
そのためストレス解消の方法を探したり、適度に休息の時間を設けるなど工夫が必要です。

活性酸素が体内で増えてしまうと、せっかく美白化粧品などの効果も半減してしまいます。
活性酸素は、時には細胞のDNAまで傷つけることもあるので、
まずは活性酸素を増やさないよう、生活習慣を整えることが大切です。

ページの先頭へ戻る