紫外線(日焼け)による光老化がシミの主な原因

紫外線が日焼けの原因になることは、既に知っていると思いますが、
日焼けは徐々になくなるのに、シミが残ってしまうのはなぜでしょうか。

これは紫外線を浴び続けることで、肌が光老化を起こしてしまうためです。
光老化とは紫外線を浴びる時間と量が多いほど、
肌のダメージが強くなる現象で、シミやしわの原因になっています。

紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンが生成されます。
メラニンは肌のターンオーバーによって、
角質層に押し上げられて、古くなった角質とともに剥がれ落ちますが、
紫外線を浴びすぎると、ターンオーバーが遅くなりメラニンが排出されにくくなります。

メラニンはメラノサイトという細胞から作られますが、
紫外線によるダメージが大きくなると、
メラノサイトの働きに異常が起こって、メラニンが常に生成されてシミが濃くなってしまうことも。

紫外線による光老化は、肌の弾力をなくしてしわや肌トラブルを引き起こします。
中でもシミは紫外線が原因になることが一番影響する、肌トラブルです。、
毎日の紫外線対策をするかしないかで、数年後の肌の印象が大きく変わるので、
日ごろの紫外線ケアを振り返って、光老化をできるだけ食い止めるようにしましょう。

■メラニンを増やさないことが、シミ対策の鍵

シミの直接の原因になるのが、メラニン色素です。
上にも説明しましたが、紫外線を長期間浴び続けることで、
メラノサイトの働きが異常になって、メラニンが作り続けられるようになると、
シミがどんどん濃く大きくなってしまいます。

紫外線のダメージは肌に少しずつ蓄積されるので、
若いころに浴びた紫外線の量を減らすことはできません。
しかしメラニンの生成を抑えて、シミを減らすことは可能です。

メラニンを抑制する成分を使った美白化粧品や、サプリメントを活用して、
メラニンの増加を防ぐことが、シミ対策につながります。

シミが沈着してからでは、改善が難しくなる場合があるので、
早めに美白化粧品を使ってケアするようにしましょう。

■できてしまったシミの対策に有効な成分とは

美白化粧品の中で多いのが、メラニンの生成を抑えてシミを防ぐタイプです。
うっかり紫外線を浴びた後でも、シミを予防することができ大変便利です。

肌の深部に働きかけて、メラニンの生成を抑制してくれるので、
メラニンが黒く沈着する前に使うと効果があります。

しかしシミが一旦沈着してしまうと、予防タイプの美白化粧品だけでは、
シミを改善することは難しくなります。

できてしまったシミの改善に有効なのが、ハイドロキノンです。
現在、もっとも美白効果が高いとされる成分で、
皮膚科などのシミ治療にも用いられています。
塗り続けることで、メラニン色素が徐々に押し上げられて、剥がれ落ちシミが改善します。

ハイドロキノンは効果が高い分、刺激も強いため、
これまでは皮膚科や美容外科などでしか処方されませんでしたが、
成分濃度を低くして化粧品にも配合されるようになったので、
日ごろのケアにも安心して使うことができます。

とは言え、一番大切なことは紫外線をできるだけ浴びないようにすることです。
日ごろから、日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなど、
紫外線対策をして、光老化を遅らせるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る