そばかすの症状と美白ケア

そばかすは鼻の周辺や顔全体に、小さなシミがたくさんできる症状です。
原因はメラニンが生成されて、シミとなって色素が沈着することなので、
その他のシミと変わりありませんが、小さな子どもでもできることが特徴的です。

そのため遺伝的な要素が強いとされています。
一方で、こうした遺伝の影響で小さな頃はそばかすがたくさんあった人も、
大人になるとそばかすが無くなることもあります。

また紫外線や加齢が、そばかすの原因になることもあります。
シミの現れ方は人それぞれなので、
そばかす状のシミが、顔全体にポツポツと広がる場合も。

そばかすは一つ一つは小さいものの、広範囲に広がってしまうので、
改善が難しいことも特徴です。
また紫外線を浴びれば浴びるほど、そばかすも濃くなっていくので、
日ごろからの紫外線対策もしっかり行うようにしましょう。

■そばかすを改善する方法

そばかすの原因は、その他のシミと同じく、
メラニンが生成されて色素が肌に残ることですが、
残念ながら美白化粧品などを使っても、改善が難しい場合があります。

現在、もっとも美白効果がある成分として注目される「ハイドロキノン」でも、
そばかすを薄くすることはできても、完全に無くすことは難しいのです。

どうしてもそばかすを除去したいのであれば、
レーザー治療が一番手っ取り早い方法となります。

レーザー治療は、肌にできたシミにレーザーを照射して、
シミを除去する方法ですが、効果が高い分、治療の際のリスクが大きいことも忘れてはいけません。

最近では、レーザー治療の認知度も上がっているため、
気軽にレーザー治療を試す人が増えていますが、
肌にレーザー光線を当てるので、専門的な知識を持つ施術者でなければ、
肌トラブルを招く恐れもある危険性があります。

さらに治療後は、患部を紫外線から守るために、
通常はガーゼや絆創膏などで肌を覆うのが一般的です。

ただしそばかすの場合は範囲が広いので、
治療後のケアも含めて検討する必要があるでしょう。

■日ごろのケアでそばかすを悪化させないようにしましょう

そばかすは肌や体質によるところが大きいので、
完全に防ぐことが難しいのは事実です。

しかし日ごろから紫外線を長時間浴びないようにしたり、
日焼けを防ぐことで、そばかすの症状を抑えることはできます。

シミがある部分は、さらにメラニンが生成されやすいという特徴があります。
そのためそばかすが出来ているところは、紫外線などのダメージが加わると、
メラニンがさらに生成されて、シミが濃くなりやすいのです。

一度できてしまったシミやそばかすも、日焼け止めなどで、
紫外線から肌を守ることで、徐々に薄くなる可能性があります。

またビタミンCを利用することもおすすめです。
ビタミンCはコラーゲンの生成を促して、ターンオーバーを整える働きがあるので、
できたそばかすやシミが角質層に押し上げられて、剥がれやすくなるからです。

とは言え、自己ケアでそばかすを完全に除去することは難しいので、
チャームポイントの一つとして、気軽にケアを続けていくように心がけましょう。

ページの先頭へ戻る