紫外線によってできるシミの症状と美白ケア

紫外線によってできるシミを「老人性色素班」と呼びます。
紫外線を浴びることで、メラノサイトがメラニンを生成して、
肌の一部に色素が浮かび上がり、シミとなってあらわれるのが原因です。

このシミの特徴は、色が濃く、境目がはっきりしていることです。
紫外線を浴びるほど、シミが大きく、色も濃くなる傾向があるので、
日ごろの紫外線対策がとても大切になります。

紫外線は肌にとってはダメージを与える天敵。
そのため紫外線を浴びると、肌が自助作用を働かせて、
メラニンをたくさん作り出し、紫外線から体を守ろうとします。
これが日焼けやシミの原因になるわけです。

若いうちは体の代謝が活発で、肌のターンオーバーも整っているので、
肌にメラニンが残りにくいですが、
肌トラブルや加齢によって肌のターンオーバーが遅れると、
メラニンが沈着しやすくなります。
これがシミとなってあらわれてしまうのです。

顔のこめかみにできる人が多く、顔が老けて見えてしまうため、
とくに女性には気になる肌トラブルの一つです。

また加齢とともにシミが盛り上がって、イボのようになることがあります。
その際に、盛り上がっている部分を取ろうとすると、
刺激となって傷がついたり、シミが大きくなることもあるので注意しましょう。

■老人性色素班を防ぐために

老人性色素班という名前からも想像できると思いますが、
紫外線を浴びる期間が長いほど、このシミは濃くなります。
そのため年齢があがるほど、シミができやすくなることは事実です。

ただし紫外線の浴び方によっては、
若いうちでもシミができる可能性があるので、
生活習慣に気をつける必要があります。

若いうちは小麦色の肌に憧れて、
日焼け止めもせずに海水浴などすることがあると思いますが、
若いうちに受けた紫外線量が、歳をとってからのシミの原因になります。

シミは見た目年齢に大きく関係するので、
若い頃からの紫外線ケアがとても重要です。

紫外線が強くなる夏だけでなく、
1年を通して外出する際には日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなど、
できるだけ紫外線を浴びないように気をつけましょう。

■できてしまった老人性色素班には「ハイドロキノン」

老人性色素班のシミの治療として主流なのが、レーザーによるシミの除去です。
濃くなったシミの色素にレーザーが反応して、シミを取り除く方法で、
皮膚科や美容外科などで行うことができます。
レーザー治療後はしばらくの間、患部に紫外線が当たらないようカバーして過ごす必要があります。

最近では美容レーザーの認知度も上がり、
比較的安価な料金設定をしているサロンなどもあるので、
手軽にシミとり治療をできるイメージがあるかもしれません。

しかしレーザーは、肌にダメージを与える可能性があるので、
治療の際には、価格だけでなく安全性についてもしっかり確認することが大事です。

安全性の面からおすすめしたいのが、自宅でできる美白ケアです。
現在は様ざまな美白成分が登場していますが、
「ハイドロキノン」は、化粧品に含まれる美白成分の中では、
もっとも効果が高いと言われています。

シミを予防する美白成分が多い中で、
ハイドロキノンは、既にできてしまったシミを除去することができるとして、
その効果の高さから、ハリウッドセレブの間でも注目されている成分です。

ハイドロキノン配合の美容液を毎日つけることで、
できてしまったシミを薄くすることができるので、
まずはハイドロキノンを使って、自宅ケアから始めてみると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る