肝班の症状と美白ケア

肝班(かんぱん)とは、頬骨や目じりの下にそって左右対称にできるシミで、
境目がはっきりせずに、少しぼやけた感じにできることが特徴です。

肝班は主に30〜40代でできることが多く、
逆に60代以降では、症状が落ち着き、シミが薄くなることもあります。

肝班の原因は、紫外線だけでなくホルモンが関係していると言われます。
妊娠中の人やピルを服用している人に、肝班がよく見られることから、
女性ホルモンの影響が強いようです。
またストレスもホルモンバランスを崩す原因になるため、
過剰なストレスがかかっている人にも、肝班ができやすい傾向があります。

このように肝班は、紫外線が原因の「老人性色素班」のシミとは、特徴や原因が大きく異なります。
しかし紫外線の影響を全く受けないわけではなく、
シミの原因がいくつか重なっている可能性もあるので、
素人が肝班かどうかを見極めることは、実際には難しいのです。

■肝班の治療にはトラネキサム酸とハイドロキノン

肝班の治療には「トラネキサム酸」という内服薬が効果を発揮します。
美白作用があり、とくに肝班のシミ治療に効果が高い成分です。
市販薬でもトラネキサム酸配合の、肝班治療薬が出ているので、
名前を聞いたことのある人もいるでしょう。

トラネキサム酸と同じく、肝班のシミ治療に有効なのが「ハイドロキノン」です。
ハイドロキノンは、現在市販の化粧品に配合される成分の中では、
もっとも美白効果が高く、肝班のシミの治療にも適した成分です。

またビタミンCも美白効果が高い成分の一つ。
ビタミンCの作用を肌に浸透させるためには、ビタミンCを配合した美容液などを使うのがおすすめです。
ハイドロキノンと同じく、シミに直接塗ることで、シミが早く改善できます。

このように内服薬と化粧品を組み合わせて、
体の内側と外側からアプローチして、肝班を早く改善しましょう。

■肝班治療にレーザーはNG

「シミができたら、レーザーでとれば簡単」と考えている人も多いと思いますが、
実は肝班の治療に関しては、レーザーを使うことができません。

レーザー治療は肝班のシミを濃くすることがあるので、
安易にレーザーに頼るのは危険です。

シミの種類は様ざまなので、肝班とその他のシミが、
重なってできていることも少なくありません。

見た目の特徴から、肝班以外のシミだろうと判断して、
レーザー治療をしたら、隠れていた肝班のシミが濃くなったという話も。

そのためシミの種類を見極めて、安全で効果的な治療法を選ぶことが大事です。
シミの除去にレーザー治療を考えている人は、まずは皮膚科でシミの種類を確認した上で、
最適な治療法を検討するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る