病院で処方される薬によるシミ対策の効果と注意点

皮膚科などでシミの治療を受ける際に処方されるのは、
主にトランシーノという肝班を治療する薬が主体です。

トランシーノはトラネキサム酸などの成分が配合されていて、
2ヶ月ほど服用すると、効果を実感することができます。

肝班によるシミは、女性ホルモンとの関係が大きいとされていて、
30〜40代の女性によくできるシミの一種です。
肝班のシミ取りには、レーザー治療を行うことができないため、
一般的にはトラネキサム酸配合の内服薬を用いて行います。

またトランシーノとあわせて、ハイドロキノン配合の塗り薬が処方されることもあります。
ハイドロキノンは漂白効果が高いので、肝班以外のシミ治療にもよく使われる薬です。
病院で処方されるハイドロキノンは、成分の配合濃度が高いので、
使い方を間違えると、塗った部分が白く抜けたようになってしまう場合があります。
シミを早く改善したいからと言って、つけすぎるのは止めましょう。

■シミの種類の判断が大切

シミの治療を行う場合には、まずはシミの種類を見極めることが大切です。
上にも少し説明しましたが、肝班のシミ治療にレーザー治療は適していないため、
シミの種類を謝って判断すると、
治療によって返ってシミが濃くなることもあるからです。

そのため治療を始める前に、医師などの専門家にシミの種類を判断してもらい、
治療の方法を相談するようにしましょう。

シミには肝班の他に、紫外線が影響する老人性色素班や、
ニキビ跡や傷がシミになる炎症性色素沈着などの種類があります。
トランシーノは基本的には肝班のシミ除去に効果が高いとされる薬なので、
その他のシミ治療に用いても、あまり効果を実感することができないでしょう。

またトランシーノの主成分であるトラネキサム酸は、
もともとは止血剤として用いられていた成分なので、
血栓症の人や家族に血栓症の人がいる場合は、
医師に相談した上で服用するかどうかを検討しなければいけません。

このようにシミの種類や体質によっては、薬が合わない場合もあるので、
まずはシミの種類や体質をチェックすることから始めましょう。

■美白化粧品の方が効果がある場合も

シミのケアとして、効果も安全性の面でもおすすめなのが、
美白化粧品を使ったケア方法です。
とくにハイドロキノン配合の化粧品は、美白効果が高くおすすめです。

ハイドロキノンは市販の化粧品に含まれる美白成分としては、
現在もっとも効果が高いとされる成分で、
毎日シミに塗り続けると、シミが薄くなっていきます。

シミの種類にもよりますが、老人性色素班や炎症性色素沈着のケアには、
内服薬よりも、ハイドロキノン配合の化粧品の方が効果が高いでしょう。

皮膚科で処方されるハイドロキノンとは違って、
家庭用に濃度が調整されているため、安心して使うことができます。

化粧品なので日常の肌のお手入れに加えるだけOK。
手軽に美白ケアを行うことができることも魅力です。

シミのケアは継続することで効果が出てくるので、
もし通院が難しいという人は、このような化粧品から試してみるもの一つの方法です。

ページの先頭へ戻る