美顔器によるシミ対策の効果と注意点

肌のシミをとるために、美顔器を利用しようと考えている人もいるでしょう。
美顔器の主な目的は、肌のターンオーバーを整えて、肌を活性化することです。

肌のターンオーバーが整うと、なぜシミが無くなるのでしょうか。

シミはメラニンが肌に沈着して残ってしまったものですが、
肌のターンオーバーが整っていると、メラニンは肌の表面に押し上げられて、
古い角質とともに剥がれ落ちます。
そのため日焼けした肌が元の色に戻るわけですね。

しかしなんらかの影響で肌のターンオーバーが乱れると、
メラニンが肌に残ったままになり、色素として沈着してしまうことがあります。
これがシミとなってあらわれます。

美顔器には超音波タイプ、イオン導入タイプ、スチームタイプなど、
様ざまな種類がありますが、どれも目的は肌のターンオーバーを促進させることです。
肌のターンオーバーが整うことで、シミを薄くなる可能性があるので、
シミの除去にも美顔器が効果があると言われているのです。

■美顔器がシミの原因になることも

しかし美顔器は使い方を間違えると、返ってシミを増やす原因になることも。

美顔器を肌に直接当てるタイプのものは、肌との間に摩擦が起こって、
肌トラブルを招くこともあり、これがシミの原因になる可能性があるのです。

とくに美顔器を使い始めのころは、効果を早く実感したいがために、
必要以上に美顔器を使ってケアをしたり、力をいれてこすったりする人がいます。
こうしたケアは、肌を疲れさせるだけなので逆効果です。

また家庭用の美顔器とは言え、価格が高いものが多く、
同時に使うジェルなどを定期的に買い足すことも考えると、
決して安いケア方法とは言えません。

こうした点も考慮して、美顔器を使うかどうか検討することが大事です。

■自宅ケアなら美白化粧品がおすすめ

自宅でシミとりのための美白ケアをするのなら、
おすすめは美白化粧品を使ったお手入れです。

美顔器に比べて、安価なことと、使い方が簡単で、
長期間使い続けやすいことなどがメリットです。

最近では、美白効果の高い「ハイドロキノン」が配合された化粧品も市販されるようになったので、
まだ薄いシミであれば、ハイドロキノン配合化粧品でも充分ケアすることができます。

ハイドロキノンとは、家庭用の化粧品に配合される成分としては、
現在もっとも漂白効果の高い成分です。

実際にシミに塗り続けると、シミが浮き上がって取れることもあるほどの効果で、
利用者からも高い支持を受けています。

これまでは皮膚科や美容外科などで、シミ治療に用いられてきましたが、
市販の化粧品には、濃度を薄くして配合しているので、
安心して日ごろのお手入れに使うことができます。

美白ケアは途中でやめてしまうと、効果が半減してしまうため、
簡単なお手入れで、続けやすいものを選ぶことが大切です。

ページの先頭へ戻る